« 劇団ショーマの公開ゲネプロ | トップページ | つかこうへいが戻った日 »

2008年10月30日 (木)

土井美和子さんが小劇場演劇に残したもの

演劇ジャーナリストの土井美和子さん(2008年8月15日、胃ガンのため亡くなられた)と1990年代前半、演劇記事の仕事を手伝うなどの形で親しくしていた。土井さんとの交流は、1989年ごろ、私がどこかの劇場で見かけて、声を掛けたのが始まりである。土井さんの顔は『演劇ぶっく』に載っていたので、知っていた。小劇場ファンなら誰でも知っているような雑誌に、顔写真付きで記事を載せているのだから、私にとってはあこがれの存在であった。事実、フリーランスで演劇専門に取材・執筆するライターの先駆である。

私は当時、演劇ライターの道を開いてくれた初日通信から離れ、新しい展開を探っていた。相談すると、1990年に『東京ウォーカー』が創刊され、中の演劇情報欄の記事を土井さんが担当することになり(この欄は、書評、競馬評論などでも有名な豊崎由美さんも書いていた)、その記事をときどき、私に回してくれるようになった。

そのうちに土井さんは、著名演劇人のインタビュー集『板の上のファイターたち』(1993年、毎日新聞社刊)の取材・執筆で忙しくなった。同書中の10人のインタビューのうち、1人は私がテープ起こしを手伝った。その出版後、私がときどき書いていた産経新聞のコラム「履歴書拝見」に土井さんを推薦した。このコラムは、企業内または独立して、ユニークな仕事をしている女性を取り上げるもので、1994年1月18日に土井さんが載った。

その後、土井さんは文化庁委嘱の芸術情報プラザの演劇アドバイザーに就き、全国の公共劇場からの、「うちの劇場の主催公演には、どこの劇団、どの作品を招いたらいいか」といった相談に応じたりする仕事で忙しくなった。この辺りまではまだ、私と土井さんは劇場で顔を合わせたりしていたが、2000年度~2005年度、土井さんが早稲田大学文学部非常勤講師としてアートマネージメントなどの講義をしていたころは、年賀状だけの付き合いになった。

2006年の年賀状に「04年12月、胃癌の大手術をして、病気とは共生中」と印刷されてあった。それにもかかわらず、舞台づくり(『劇的リーディング』シリーズ)をしたり、早稲田大学演劇博物館"日欧・日亜比較演劇総合プロジェクト"メンバーとして研究活動していた。2007年には、文化庁海外留学生としてイギリスに滞在した。留学したことは知らなかったが、文化庁の制度を利用して留学することを、土井さんは以前から望んでいて、いつだったか、「××さんは文化庁に強力なコネがあるから、内緒だけど、優先的に留学させてもらえたのよ。ひどい。私が行きたいのに」などと聞かされたことがある。

大阪生まれの土井さんは、母親のおなかにいた時から宝塚の舞台を見ていた、という環境で育ち、小学校4年生で西野バレエ団(金井克子、由美かおるらが輩出)に入り、中学からジャズダンスも始め、高校2年の時、発表会で初めて振付を手掛ける。早稲田大学ではミュージカル研究会に所属、大学4年の時に東京キッドブラザーズに参加。その後も劇団暫、ミスタースリムカンパニー、劇団第三舞台、コント赤信号、劇団ランプティ・パンプティ…と70~80年代の演劇界に名を残した劇団をはじめ、さまざまな劇団やプロデュース公演に振付、演出などとして係わった。一方、大学4年生の時、アルバイトで『女性セブン』の取材記者をしたのがきっかけで、演劇ジャーナリストの道も歩み始めた。

実際に舞台づくりに携わっている人だけに、基本をないがしろにする態度は許さなかった。例えば、ある人気小劇場劇団の舞台で、クライマックスの銃を撃つ場面で火薬が破裂せず、場面が台無しになったのを見て、「ああいう場面がある時には、破裂しない場合に備えて、事前に音響が発砲音を仕込んでおいて、もし破裂しなかったら、すぐ、音響が音を出さなくてはいけないのに。あの劇団は基本がなってない」と批判した。

早稲田大学大学院を修了した直後の1983年の夏、第三舞台で初めてダンス指導に携わり、その後85年まで、第三舞台の5本の舞台で振付を担当した。第三舞台の劇中ダンスには、俳優が発する独特の雰囲気、言い換えればキャラクターの魅力を、より強く感じさせる効果があった。ダンスのテクニックを披露するだけでもなければ、素のまま居るだけでもない。キャラクターを維持しながら踊るので、舞台全体の流れを壊さず、逆によいアクセントを加える。あのスタイルは、第三舞台が確立し、ほかの多くの劇団に影響を与え、小劇場演劇の特徴の一つと言ってもいいだろう。

土井さんは、商業演劇のミュージカルなどの出演者についても、ダンスがうまいだけでなく、踊りながら自身を魅力的に見せるように演技できる人を高く評価した。そういう土井さんの演劇&ダンスのセンスと、舞台づくりに対する厳しさ、そして、一緒によい作品をつくりましょう、という思いで芝居をやる人々に接する優しさが、あの第三舞台のダンス・スタイルの底に流れているのだろう。

|

« 劇団ショーマの公開ゲネプロ | トップページ | つかこうへいが戻った日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425832/24854084

この記事へのトラックバック一覧です: 土井美和子さんが小劇場演劇に残したもの:

« 劇団ショーマの公開ゲネプロ | トップページ | つかこうへいが戻った日 »